腸ケアアドバイザー

栄養(食生活)・睡眠確認テスト


ID


氏名


メールアドレス


次の各問題の[a][b]は当てはまるものを選択し、
○×は文章が正しければ○間違っているものは×を選択しなさい。

[ 配点 1~15は各6点 16.17は各5点 ]



1.体内時計の本体は脳にあり[a]でリセットされ、末梢時計は[b]でリセットされる。

A.

B.


2.メラトニン(睡眠ホルモン)は[A]から作られる。

A.


3.親時計と子時計が同調せずリズムが毎日くずれた状態の生活を続けると、自律神経の乱れにつながる。




4.睡眠リズムを整えるうえで大切なポイントは「毎日、同じ時刻に起きる」「20時過ぎたら眠くなくとも寝床に早めにつくようにする」などである。




5.寝る前は、[a]から[b]にスイッチを切り替えるようにする。

A.

B.


6.ビタミンB1は[a]代謝に関与し、豚肉、玄米などに多く含まれる。

A.


7.神経伝達物質の生成に深く関与するビタミンは、[a]である。

A.


8.葉酸とともに赤血球の合成を助け、メラトニンの生成や吸収を助けるビタミンは、[a]である。

A.


9.腸には約3割の免疫細胞が存在し、また腸は様々な臓器とつながっている。(腸管神経のネットワーク)




10.短鎖脂肪酸の働きには、「悪玉菌の増殖を防ぐ」「腸の炎症を抑える」「脂肪の過剰な蓄積を防ぐ」などがある。




11.腸の働きが活発化になるのは、[a]優位のときである。

A.


12.腸を元気にする食材は、肉などの動物性の脂質、味噌などの発酵食品なため、なるべくこれらを多く食べるように心がける。




13.腸内細菌のバリエーションが[a]ほど腸の粘膜のバリア機能が高まり、細菌やウイルスとしっかり戦える。

A.


14.食物繊維には、水溶性食物繊維と脂溶性食物繊維とがあり、両方をバランスよく摂取することが望ましい。




15.マグネシウムには、排便を促進する働きがある。




16.おならがたくさん出るのは何のサインか? 

下記のカタチで答えなさい。最初の[a]には適語を記入し、後ろの[b]はどちらかを選択しなさい。 
【配点 両方正解で5点】

A.

B. のサイン


17.腸が活発に動き過ぎると[a]になることがある。

【配点 5点】

A.